L-29乳酸菌配合の詳細
スリムボディ

L-29乳酸菌配合の詳細

L-29乳酸菌とは、新機能性乳酸菌と呼ばれている新しい機能を持っている乳酸菌の種類の1つです。
誰もが知っている通り、乳酸菌は、口から摂取したものすべてが腸まで届くわけではありません。
通常、どんなに身体にいい菌であっても、口にした菌類は、体内で増殖するのを防ぐために、胃酸や胆汁という2つのバリアが菌を死滅させようとします。

特に、胃酸の中には塩酸という強い酸性の液体が含まれており、酸によって死滅しやすいこちらの菌は、腸内までたどり着くことができません。
たとえ、腸内まで届いたとしても、そこにとどまることができなければ、腸内環境を整えるという効果は、充分に発揮することができません。
つまり、乳酸菌の中でも、胃酸や胆汁に耐えて、腸の中まで届くだけではなく、腸の細胞に対して定着して、菌を増殖することができる菌である必要があるのです。

どちらにせよ、生きたまま腸まで届くことによって効力が発揮されるのですが、L-29乳酸菌は、生きたまま腸まで届くことができる種類の菌なのです。
本来、これらの菌は、胃酸によって9割がた死滅してしまうのに対して、こちらのL-29のタイプの菌は、胃酸にも強い貴重な菌だといえるでしょう。
胃酸に強い乳酸菌としてラブレ菌と呼ばれている植物性の菌がありますが、こちらの菌も腸まで届き、生きたまま腸内で効果を高めるので、免疫力を向上させる効果が高いと呼ばれています。

このラブレ菌も、L-29と同様に、腸内で生きていく力が強い菌だと言われているのです。
つまり、これらの菌を選んで摂取することにより、より効果的に身体の免疫力を向上させることができます。
せっかくヨーグルトなどを毎日食べていても、菌が腸まで届かなければ何の意味もありません。
今後、乳酸菌を摂取する際には、L-29と記載されているヨーグルトなどを選ぶのもいいですし、ラブレ菌が多く含まれていると言われているすぐき漬を食べてみるのもいいのではないでしょうか。


MENU
Copyright(C)体にいいとされる成分