生きている乳酸菌の詳細
スリムボディ

生きている乳酸菌の詳細

乳酸菌は、生きたまま腸まで届くということが非常に重要となってきます。
他の多くの菌も、熱や酸に弱いものが多く、腸内環境を整えるために、身体にいい菌を摂取しても、生きたまま腸まで届かなければ摂取した意味がありません。
人間の胃というものは、食べ物を消化する上で必要な酸性の胃液が常に分泌されており、この胃酸が数多くある乳酸菌などの菌を死滅させてしまうということになります。
ただし、酸性の強いこの胃液は、雑菌やウイルスなどが体内に入ってこないように殺菌してくれる役割も果たしているため、非常に重要な物質なのですが、身体に良い菌だけを残して、身体に良い菌だけを死滅させずに腸まで届くようにすることはできません。

この胃液の成分の1つの塩酸のことを、胃酸と呼んでいる場合もあります。
胃酸は、過剰分泌すると胃に悪影響を及ぼしてしまうほど強い酸性を持っているのです。
その胃酸に死滅させられることなく、生きたまま腸まで届く乳酸菌のことをプロバイオティクスである乳酸菌だとも呼ばれているのですが、この菌は、強い酸性である胃液に耐えて死滅することなく生きたまま腸まで届いてくれる働きをもつ菌のことです。
生菌は、特に腸の免疫機能が高まる働きをすると考えられているようです。

そこで、アレルギー対策としてヨーグルトを摂取する場合においても、生きたまま腸まで届く乳酸菌が有効なのです。
最近では、花粉症対策http://www.kachikally.com/kahunnsyouyobou.htmlとしてヨーグルトが注目されるようになりました。
このように、生きたまま菌を腸まで届いてくれるような食品を選ぶのは非常に重要なのです。
このように、生きたまま腸まで届くような乳酸菌を摂取したいと思うのであれば、ヨーグルトの中でもプロバイオティクスという表示があるものを選ぶといいのではないでしょうか。
こういった商品を選ぶ際には、単にプロバイオティクスだと謳っているだけではなく、効果が科学的に立証されている特定保健用食品のマークが記載されているものを選びましょう。


MENU
Copyright(C)体にいいとされる成分