乳酸菌と牛乳
スリムボディ

乳酸菌と牛乳

乳酸菌という言葉だけ聞いてしまうと、なんとなくヨーグルトを連想する人が多いようですが、実際には、チーズやバターなどといったような乳製品全般にもこの菌は含まれています。
乳酸菌=ヨーグルトhttp://www.douyou-movie.jp/yo.htmlだというのは、定着されていますが、必ずしもそうだとは言えないのです。
では、乳製品の原料となっている牛乳についてはどうでしょうか。
牛乳の中にも乳酸菌入りの牛乳というものが存在するのですが、こういった製品は低温殺菌牛乳とも呼ばれているようです。

通常、牛乳を商品とするには、製造する過程において乳酸菌だけではなくすべての菌が殺菌されてしまっているのですが、低温で殺菌処理することによって、製造される牛乳には乳酸菌がかなり多く残っている場合が多いようです。
また、殺菌される成分が少ないため、栄養素が豊富に残っており、味も濃厚である場合が多いようです。
ただし、こういった低温での殺菌処理を施すと、傷みやすいといったデメリットが挙げられます。
どうしても高温で殺菌した牛乳と比較すると日持ちが悪くなってしまいますし、すべての菌を殺菌することができないからです。

また、賞味期限が短いだけではなく、製造コストが高いため、日本では、乳製品を製造するメーカーのなかでも、ごく一部のメーカーしか扱っていません。
乳酸菌が含まれている牛乳の方が、高温殺菌してしまった牛乳よりも非常に優れているということを断言することはできませんが、乳酸菌について研究が他国よりも進んでいるフィンランドにおいていえば、普通の高温殺菌された牛乳を飲んでいる子供よりも、乳酸菌が含まれている牛乳を飲んでいる子供の方が風邪などの感染症にかかりにくく、免疫が高いという調査結果がでているのです。
低温で殺菌されている牛乳の方が栄養価が高いと断言はできませんが、そんなに賞味期限にこだわらなければ、そういった牛乳を選ぶのもいいのかもしれません。
どちらにせよ、牛乳が苦手だという人にとっては、やはりヨーグルトから摂取するのがおすすめだといえるでしょう。


MENU
Copyright(C)体にいいとされる成分