ビフィズス菌と乳酸菌の相違点
スリムボディ

ビフィズス菌と乳酸菌の相違点

乳酸菌もビフィズス菌http://www.dotnetoutsource.com/bihuxizukinn.htmlも私たちの身体に良いということは、誰もが知っていることですが、この2つの菌の違いについて理解している人は少ないのではないでしょうか。
どちらもヨーグルトなどに含まれていますので、なかには、同じものだと思っている人もいるかもしれませんが、この2つの菌は、分類学上において、まったく違う菌だといえるのです。
まず、乳酸菌は、糖を分解して乳酸を作り出しますが、一方、ビフィズス菌は、酢酸を作り出します。
ビフィズス菌も糖を分解し、乳酸をつくりだすのですが、乳酸と酢酸を作り出す量などが異なっています。

専門的には、定義上、乳酸菌の場合には、消費したブドウ糖が100だとすると5割以上の乳酸を作るということになっています。
一方、ビフィズス菌については、消費したブドウ糖が100だとすると、作り出される乳酸は、5割以下で、酢酸も同時に作られるということが挙げられます。
ビフィズス菌は、専門書などによっては、乳酸菌の一種だといわれることもあるようですが、細かく比較していくと、その違いが分かるのではないでしょうか。

次に、乳酸菌は身体の中の小腸に存在しているのですが、ビフィズス菌の場合には、大腸に存在しています。
また、酵素についても違いがあり、乳酸菌には酵素があるのですが、ビフィズス菌には酵素がないということが挙げられます。
これについては、酵素がある場所においても生きていくことができるか、酵素がなければ生きていくことができないかという違いが挙げられるのです。

それから、乳酸菌は腸の中に存在していますが、腸の中で長く住み着くことが難しいという菌ですので、常にヨーグルトを食べるなどをすることで、補っていく必要があります。
しかしビフィズス菌に関しては、大腸に常に住み着いている菌なので、そういった点でも違いがあると言えるでしょう。
ただし、サプリメントや食品によって体外から摂取したビフィズス菌については、乳酸菌と同様に排出されていくようです。


MENU
Copyright(C)体にいいとされる成分